正確に韓国語の翻訳をする会社|プレゼンの翻訳もする翻訳代行会社

男女

独特な言い回しも訳する

日本と距離が最も近い外国といえば、韓国が挙げられるでしょう。韓国は世界的にも著名な会社を多く輩出している国であり、海外進出を目指す企業であれば拠点を置きたい国の1つとなります。しかし、韓国に進出する上で障害となるのが、ハングル文字の理解です。中国語であれば、漢字の意味合いなどから大体の言葉の意味を推察できますが、ハングル文字は非常に独特であるため、簡単に覚えることは難しいでしょう。また、韓国にはネイティブの人が話す独特な言い回しなども多く見られるため、単純に単語だけを覚えておけば相手に理解してもらえるというわけではありません。韓国語の翻訳を行なう会社に依頼することで、ネイティブな言い回しなども含めた、現地の人にわかりやすい内容のメールやプレゼン資料を作成できるでしょう。

韓国語はインターネットで利用できる翻訳サイトでも翻訳することができます。単語を入力することで、すぐに韓国語へ変換できるので、わざわざ翻訳を行なう会社に依頼せずともよいのでは、と考える人もいるでしょう。しかし、翻訳サイトは機械が自動的に内容を検出して変換しているため、一部文章の内容がおかしくなることがあります。日本語の独特な言い回しなどを翻訳すると、機械が間違った意味に捉えてしまい、相手から理解されない場合もあるのです。翻訳を行なう専門の会社では、各言語ごとの言い回しなどにも精通しているため、こうした翻訳サイトでの問題も起こりません。

英語だけでは不十分

香港はGDP比が高い地域というイメージがありますが、実際には人件費が安いため、企業が進出するには最適な地域となります。香港では英語の使用を拒む人もいるので、通訳を頼む場合は広東語も堪能な通訳を雇いましょう。

Read More

トラブル対処がすぐできる

海外に複数拠点を置いている会社におすすめできるのが、多言語翻訳を行なう会社のサービスです。各拠点での言語を翻訳してくれるほか、24時間365日翻訳の依頼ができるので、急なトラブルにも迅速に対応できるでしょう。

Read More

プレゼン資料も翻訳する

海外に販路を広げるためには、取引先の企業へ自社の製品やサービスのよさを知ってもらう必要があります。しかし、プレゼンで文法や文章にミスのある資料を使用すると、相手との契約も行なえないでしょう。翻訳代行の会社に依頼すれば、正確な内容でプレゼン資料を翻訳してくれます。

Read More